エルメス(HERMES)の中でも入手困難なジョン・ロブ製シューズ


本日は、エルメスのジョン・ロブ製シューズの紹介させていただきます。

ジョン・ロブは、ロイヤルワラント(英国王室御用達)を授かっているイギリスを代表する名門シューズブランドです。
数あるオーダーメイドのブランドの中でも世界最高峰でありキング・オブ・シューズとも言われています。

そのプレミアム度たるや、高級車を盗まれた持ち主が新聞広告で「車はくれてやるから、トランクに入れてあったジョン・ロブの靴だけは返してくれ」と犯人に呼びかけた、という逸話が残っているくらいです。

そんなジョン・ロブも手間やコストがかかってしまうため経営危機に陥ってしまいます。

そんな中、ジョン・ロブの靴作りの技術を高く評価していたエルメスが、パリのブティックを買収したことで、ジョン・ロブはエルメスグループの傘下に入りました。

現在はジョン・ロブ製のエルメスのシューズは作られていませんが、中古市場だとちらほら目にかかることができます。

エルメスのシューズはイタリア製のものが多いのですが、ジョン・ロブ製はイングランド製です。

ステッチの幅もコンマmm単位のズレも許されないという徹底ぶりで作られています。
作り込み、革の質、洗練されたデザインどれをとっても素晴らしいジョン・ロブ製のシューズ。
かなりお勧めです!!