クリスチャンルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN)を象徴するデザイン


本日はクリスチャンルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN) のパンプスが入荷しているのでブランドについて書かせていただきます。
クリスチャンルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN) には2つのアイコニックなデザインがあります。

シューズブランドとしての名を世に広めることとなった「レッドソール(赤い靴底)」、そして「スパイクスタッズ」です。

ブランドの象徴は「レッド・ソール」。
これはデザイナーのルブタンが工場内で出来上がり直後の靴のソールに赤色のマニキュアを塗ってみたことから生まれた偶然の産物だったようです。

バッグ、シューズ、財布、ルブタンの様々なアイテムにデザインされているスパイクスタッズの始まりは2007年秋冬コレクションのレディースシューズ。

斬新で刺激的なスパイクスタッズは多くのセレブやファッショニスタを虜にし、2009年にはメンズのシューズにもデザインされ、今ではシューズのみならず財布、バッグなどにも取り入れられルブタンの象徴となっています。