シャネル(CHANEL)の素材で欠かせないのが「ツイード」


シャネル(CHANEL)といえばツイード素材を連想される方も多いのではないでしょうか?
そもそもツイードはスコットランドのボーダー地方に流れているツイード川の周辺で織られていたことから「ツイード」と呼ばれるようになりました。
ツイードはもともと、イギリス貴族が狩猟や乗馬の際に着るジャケットなどに用いられ、メンズ用の素材だったようです。
そこへシャネル(CHANEL)が、1920年代に初めてレディースウェアにツイードを取り入れたのが始まりです。
代表的なものでいえばツイード素材の「シャネルスーツ」があり、発表後には瞬く間に流行しました。

エレガント・上品・活動的、といったシャネル(CHANEL)が服に求めるファッション理念が詰まったこのスーツの大ヒットで、「シャネル=ツイード」のイメージが定着しました。